品川駅徒歩1分。品川区の耳鼻咽喉科・音声外科・アレルギー科・気管食道科・ボイスクリニック

ボイスクリニック
(初診・初再診)

声とのどの診察をご希望の方は検査時間が少々かかりますので完全電話予約(電話:03-6712-9772)となります。

一般耳鼻科(初診)
ボイスクリニック(再診)
一般耳鼻科(再診)

直接来院にての受付となります。

月 ・ 火 ・ 水 ・ 金曜日
午前 09:45~12:30
午後 14:45~18:30
土曜日
午前 09:45~12:30
午後 14:45~16:30
休診日
木曜、日曜、祝日
耳鼻咽喉科、音声外科
アレルギー科、気管食道科

〒108-0075
東京都港区港南2-6-7
大善ビル7F
電話:03-6712-9772

品川駅 港南口:徒歩1分
   » 詳しくはこちら

最終更新
2017年1月16日 (月)

ホーム > 医院紹介

院長紹介主な医療設備主な紹介先医療機関

院長 医学博士 楠山敏行

院長 楠山敏行2010年1月12日東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科を開業いたしました。
専門医としての耳鼻咽喉科地域医療と国際医療福祉大学東京ボイスセンター副所長としての経験を生かしたボイスクリニックを併せもつ施設を開設しました。
最新の医療機器を備えた専門性に基づく質の高い医療とクリニックならではの細心の対応を機軸に、優しく、わかりやすく、対話を大切にした医療を提供いたします。

院長 楠山 敏行


略 歴
  • 慶應義塾大学医学部卒
  • 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室入局
  • 慶應義塾大学助手
  • 聖母病院耳鼻咽喉科医長
  • 国際医療福祉大学東京ボイスセンター副所長
  • 国際医療福祉大学臨床医学研究センター准教授
  • 東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科院長
  • 医療法人社団慶響会理事長
教 職
  • 国立音楽大学音楽学部非常勤講師(声の科学/音声生理学)
資 格
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 日本気管食道科学会専門医
  • 補聴器相談医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医師/
    音声機能、言語機能又はそしゃく機能の診断
  • ベストドクターズ社選出 Best Doctors in Japan
所属学会
  • 日本音声言語医学会
  • 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会
  • 日本喉頭科学会
  • 日本気管食道科学会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会
現在の学会活動
  • 日本音声言語医学会評議員・査読委員
  • 日本音声言語医学会・音声情報委員会「動画で見る音声障害」改訂ワーキング委員
  • 日本気管食道科学会評議員・査読委員
  • 日本音声外科研究会世話人
  • 東日本音声外科研究会世話人・事務局

主な医療設備

デジタル喉頭ストロボ(永島医科:LS-H10)

デジタル制御・高輝度LED採用の最新ストロボスコープにより、声帯振動をスローモーション画像で観察し、特に職業歌手の様々な発声モードによる微小病変を検出します。

FICE(富士フイルム:Sapientia分光内視鏡画像処理システム)

波長を分解してみやすく再構築を行い、通常光では見つからない微小浸潤癌の診断に役立てます。

鼻咽喉電子スコープ(富士フイルム:ER-530S)

ø3.5mmの汎用内視鏡は「スーパーCCDハニカム™」を搭載し、高解像度画像を実現しています。

鼻咽喉電子スコープ(富士フイルム:ER-270P)

ø2.9mmの細径内視鏡で乳幼児の鼻咽喉の観察も安全に行います。

処置用鼻咽喉電子スコープ(富士フイルム:ER-530T)

「スーパーCCDハニカム™」による高解像度画像のもと、異物摘出術や生検などの手術を行います。

発声機能検査装置(永島医科:PS-77E)

声の高さ、強さ、効率などを計測します。
発声機能検査装置

音響分析装置(ペンタックス:コンピュータスピーチラボCSL4500)

音声をデジタル信号処理することにより診断と治療評価に役立てます。

言語聴覚室

専用の施設で音声の検査や訓練を行います。

聴力検査装置(リオン:AT-64A)

外部の音を入れない遮音室をつくります。
聴力検査装置

インピーダンスオージオメーター(リオン:RS-22)

鼓膜や中耳腔の状態を調べる検査です。

ほか

主な紹介先医療機関

慶應義塾大学病院
防衛医科大学校病院
東京慈恵会医大附属病院
国際医療福祉大学東京ボイスセンター
国際医療福祉大学三田病院
NTT東日本関東病院
東京都済生会中央病院
聖母病院
山王病院
北里大学北里研究所病院
ほか