品川駅徒歩1分。東京都港区の耳鼻咽喉科・音声外科・アレルギー科・気管食道科・ボイスクリニック

診療案内

耳鼻咽喉科

下記疾患の診断と治療を行います。

  • 耳疾患
    外耳炎、急性中耳炎、慢性中耳炎、小児急性中耳炎、小児滲出性中耳炎、めまい、耳鳴り、難聴など。
  • 鼻・副鼻腔疾患
    花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻出血、嗅覚障害など。
  • のどの疾患
    かぜ、扁桃肥大、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、咽喉頭異常感、頸部腫瘤、胃食道逆流症など。
  • その他
    補聴器フィッティングなど。
   
ボイスクリニック
声嗄れ(こえがれ)、声のかすれや、発声時・歌唱時ののどの違和感、のどの不快感などの「声の悩み、のどの悩み」の診断と治療を専門に行うのがボイスクリニックです。 声嗄れ、のどの違和感の原因疾患が声帯癌や咽頭癌の場合もあれば、ネブライザー吸入や耳鼻いんこう科的処置といった短期間の外来通院加療で治る炎症性の疾患の場合もあります。

検診

voice userの喉頭検診

歌手、俳優、アナウンサーなどのvoice userの声帯病変の有無につき喉頭内視鏡、音声検査、音響分析などを使用し、検診を行います。また、言語聴覚士による病的な声の使用の有無などに関しても併せて検診し、声の衛生指導に繋げます。

喉頭がん検診

喉頭がんは早期発見ではほぼ100%の治癒率ですが、進行性の場合は喉頭全摘出術となり、喉頭機能の完全喪失となってしまいます。発声機能温存のためには喉頭がんの早期発見が極めて重要です。

音声障害に関する診断と治療

1) Voice userの音声障害に対する治療

ⅰ)喉頭ストロボスコピーによる声帯病変の診断
ⅱ)医学的な声の衛生指導(言語聴覚士):声帯病変の治療および予防
ⅲ)保存的治療:内服治療、吸入治療、音声治療(言語聴覚士による発声法の治療)
ⅳ)音声外科的治療(声の改善手術):ラリンゴマイクロサージェリー

2) 当クリニックのラリンゴマイクロサージェリーの特徴

保存的治療に反応不良な声帯結節や、声帯ポリープ、声帯嚢胞などに対して全身麻酔による声帯手術であるラリンゴマイクロサージェリーを行っています。
慶應大学病院のサテライトクリニックである日吉メディカルクリニックとの医療連携により、通常数日から1週間の入院が必要であるラリンゴマイクロサージェリーを日帰り手術(デイサージェリー)を行っています。
現在首都圏で日帰りのラリンゴマイクロサージェリーに対応しているのは当クリニックのみです。

3) 声帯内ヒアルロン酸注入術

エイジングに伴う声帯萎縮症等に対し日本で初めて声帯内ヒアルロン酸注入術を施行致しました。

4) その他の治療法

ボイスケアサロン】との提携による喉頭周囲のリラクゼーション治療

音声障害に関する研究

音声認証、分析、合成などを行う株式会社【アニモ】(富士通ベンチャー企業)との共同研究を行っています。

声が出る仕組み

声が出る仕組み

喉仏の中に2枚の声帯という弦楽器の弦に相当する部分があり、吸気(息を吸う)時には声帯が開き、声を出すときには声帯が閉じ、呼気(吐く息)の力で声帯を振動させることで喉頭原音(声のもと)が作られます。喉頭原音は声帯から唇までの声道(声の通り道)の共鳴により修飾され、声が産生されます。 一人一人の声に特徴があるのは声道の共鳴の違いによるもので、親子の声が似ている事も顔や体のつくりが似ていることと同様に声道の共鳴が似ているためと考えられています。


ごあいさつ
ごあいさつ


声帯の層構造

声帯は内側に筋肉(声帯筋)があり、外側を粘膜(声帯粘膜)で覆っています。またその声帯を周囲の筋肉(喉頭筋)が前、横、後ろ、斜めに引っ張ったり弛ませたりすることで振動部分である声帯粘膜の長さや緊張度、太さを微妙に調節しさまざまな声を出します。 ボディー(内側の筋層)とカバー(外側の粘膜層)の二層構造の物理的性質が喉頭筋の働きにより変化し、さまざまな振動モードを生じることから本理論をボディーカバーセオリーといいます。

ごあいさつ

声の高さの調節

喉頭筋のうち前方にある前筋が声帯を前後に引っ張ることでカバー(粘膜層)は緊張し声が高くなります。一方、ボディー(声帯筋)はこれに拮抗する働きで、収縮するとカバーは弛みます。声の高さはこのように前筋と声帯筋の2つの筋肉の微妙な力関係で調節されています。 また、声帯は前端と後端で付着する軟骨が異なります.前方に湾曲した頚椎(首の骨)に沿って喉頭が下降すると後端が先に前に倒れることで声帯は大きく弛みます。このことは声を低くすることに有効に働くと考えられています。

ごあいさつ

声の大きさの調節

声の大きさは声門下圧(声帯を振動させようとする力)に比例します。声門下圧は呼気流率を大きくする(たくさん息を吐く)または、声門抵抗を上げる(両側の声帯を強く締める)ことで大きくなります。一般的に声の大きさの調節は地声では声門抵抗により、裏声では呼気流率により行われています(次項参照)。

声の音色の調節

声の音色は声帯の状態だけではなく声道の状態で修飾されます。カゼをひいた時は共鳴腔のむくみなどの影響で鼻声やこもった声になります。 声帯での調節には主として地声と裏声があります。地声では声帯筋の働きで振動部分が厚く大きくなり、倍音に富んだ音となります。倍音とはある基本音の整数倍の周波数成分をいいます。全ての楽器に様々の倍音が含まれ、倍音の混ざる比率で音色が決まります。倍音を持たない音を純音といいます。裏声では声帯筋がほとんど活動しなくなり、前筋によってカバーは薄く伸び、倍音の乏しい純音に近い音色に変わります。いわゆるミックスボイスは地声と裏声を技術的に融合させる発声法ですが裏声発声で共鳴をより強くさせることで音色を変える技術もあるようです。

声がれの原因となる病気

声がれの原因となる病気

呼気(吐く息)の力で声帯を振動させることで喉頭原音(声のもと)が作られ、喉頭原音が声帯から唇までの声道(声の通り道)の共鳴により修飾され、声が産生されます。
この仕組みのいずれかに支障をきたすと声がれ、声のかすれや声が出ない、声が出にくい、あるいは発声中、歌唱中ののどの違和感や痛みといった音声障害(声の病気)が発症します。

上咽頭炎

上咽頭は上の図の赤く囲んだ部分で鼻の後方に位置し、微生物や有害物質の侵入を防御する部位のひとつです。急性上咽頭炎は感冒などの上気道炎や咽喉頭炎に急性炎症として合併し、局所の疼痛や灼熱感として自覚しますが、慢性化すると長期にわたる咳嗽や咽喉頭異常感などいわゆる不定愁訴の原因となります。 治療は塩化亜鉛(粘膜収斂剤:タンパク質を変性させ組織や血管を収縮させる)を塗布する【Bスポット療法】を行います。
院長は本疾患による嗄声(声がれ)、発声困難(声が出ない、声が出にくい)、共鳴障害(声が響かない)、のどの異常感、痰がからむ、声が続かない、声が裏返る、咽頭痛、咽頭乾燥感、咳、音程不安定といった症状に対し【Bスポット療法】を施行し、78%の改善率を示したことを原著論文で報告しました(音声言語医学,58(4):333-338, 2017)。
上咽頭炎が自律神経機能との関連性を有することから、その病態は自律神経障害による喉頭潤滑障害(粘液分泌低下により高速振動する声帯が潤っていない状態)と上咽頭そのものの腫れや粘度の高い分泌物の付着による共鳴障害と考察しています。 自律神経とは心臓、胃腸、体温調節など本人の意思と無関係に生命活動を支える神経系をいいます。本疾患は耳鼻咽喉科の教科書に記載がなく、ほとんどの耳鼻咽喉科医にその概念がない上に、所見がとぼしいことも多々あり、診断が極めて困難な疾患の一つとなっています。しかしながら、本疾患が疑われる症例は日常診療の上で最も多く、当クリニックでは診療上重視している疾患です。思い当たる症状のある方はご相談ください。

ごあいさつごあいさつ

声帯ポリープ

声帯に生じる炎症性の腫瘤(こぶ)で、通常片側に発生します。一過性の声の乱用が原因で、急激な発声が誘因となり、声帯粘膜の血管が破れて血液が流出し固まり、ポリープを形成するという説が有力とされます。自然治癒の場合もありますが、改善しない場合はラリンゴマイクロサージェリー(喉頭顕微鏡下手術)となります。当院では慶応大学日吉キャンパスにある【日吉メディカルクリニック】でラリンゴマイクロサージェリーをうけていただきます。日帰り手術ですので時間的、経済的な負担が軽減されます。術後の経過観察まで責任を持って一貫治療を行っています。

ごあいさつ

声帯結節

声帯に生じる炎症性の腫瘤(こぶ)で、通常は両側に発生します。 発声時の声帯粘膜の慢性的な機械的摩擦による粘膜上皮の肥厚と直下の炎症性浮腫(むくみ)で“ペンだこ”に例えられます。音声を日常的に酷使している職業、すなわち歌手、教師、アナウンサーなどに好発し、女性に多く、子どもの場合は、よく声を使う活発な低学年の児童に好発し、男子に多くみられます。保存的な治療で改善しない場合はラリンゴマイクロサージェリーが行われます。 院長は声帯結節に対する各治療法の有効性の比較を原著論文で報告しています(音声言語医学49(3):149-154,2008)。

ごあいさつ

声帯嚢胞

声帯にできる嚢胞(袋状の病変)です。組織学的には類表皮嚢胞(上皮が迷入したもの)と貯留嚢胞(喉頭腺の粘液が貯留したもの)に分類されます。 院長は声帯嚢胞と音声酷使との関連性と組織学的分類による臨床像の相違を原著論文で報告しています(音声言語医学51(4):311-317,2010)。自然治癒の場合もありますが、通常ラリンゴマイクロサージェリーが必要です。

ごあいさつ

喉頭がん

喉頭に発生するがんで、飲酒や喫煙が喉頭癌の発生と密接に関連しています。初期の癌では内視鏡手術や放射線療法を行いますが、進行癌では外切開による手術療法を行います。全摘出術を行うと一生自分の声を失うことになりますので早期診断が極めて重要です。すみやかに適切な施設をご紹介いたします。

ごあいさつ

反回神経麻痺

声帯を動かす神経が何らかの原因で麻痺した状態で、発声時に2本の声帯が真ん中であわさらず呼気が漏れて十分な振動が起きないため声がれがおこります。物を飲み込む時には誤嚥の可能性があり、両側が麻痺すると呼吸困難が出現します。 反回神経は大脳より発し、心臓レベルまで下降し、食道・気管周囲を上行し喉頭に入ります。よって原因疾患として脳腫瘍、甲状腺癌、食道癌、気管癌、肺癌、大動脈瘤など重篤な疾患による場合があり、原因疾患の検索と治療を優先し適切な施設をご紹介いたします。当クリニックでは反回神経麻痺症例に対し外来で受けていただける声帯内ヒアルロン酸注入術を施行しています。この手術は院長が本邦で初めて施行した術式で、原著論文で報告しています(喉頭,20(2):133-137,2008)。入院による外切開手術が必要な場合は適切な施設をご紹介いたします。

ごあいさつ

声帯萎縮

声帯が萎縮して容積が減少し、発声時に2本の声帯間に隙間が残り、吐く息が漏れて十分な振動が起きないため声がれがおこります。特に男性の高齢化で起きやすいとされています。
当院では本疾患に対し外来で受けていただける声帯内ヒアルロン酸注入術を施行しています。

ごあいさつ

声の老化

声の生成に関連する呼気(吐く息)、声帯、声道(声帯から唇まで)全てにおいて加齢変化がおきます。 呼気は呼吸筋力、肺組織の弾性収縮力の低下により弱まり、発声持続時間や声の大きさに影響します。
声帯は男性では萎縮し細くなり、女性では浮腫(むくみ)により太くなります。男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモンの低下によるもので、男性の声は高く、女性の声は低くなることが多いとされます。声帯を潤す粘液の分泌は低下し声帯振動に影響します。 声道に関連する口の開閉、舌、唇の動きの衰えにより言葉の不明瞭化、歯切れのよさの低下などがおきます。全ての運動系のトレーニングと同様に普段から会話し歌うことがこれらの防止につながることが証明されています。
当クリニックでは言語聴覚士による声の衛生指導や発声訓練を行います。 声帯萎縮による改善不良の場合は声帯内ヒアルロン酸注入術を施行しています。

お問い合わせ・ご相談03-6712-9772

〒108-0075
東京都港区港南2-6-7 大善ビル7F

アプリでMAPを見る